日経225先物と釣り人

バランス投資顧問のリアルタイム日経先物情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


 
七夕キャンペーン

≫ EDIT

米国市場概況(13日)

■NYダウ
 25,201.20 -119.53
■ナスダック
 7,695.70 -8.09
■CME225(円建て)
 22,780 -130(大証比)
■ドイツDAX
 12,890.58 +48.28
■上海総合指数
 3,049.80 -30.00
■ドル円
 110.18

 13日のNY市場は下落。注目されたFOMCで市場予想通り政策金利の0.25%引き上げが決定し、2018年の利上げ回数が3回から4回に引き上げられる見通しとなり、利上げペースの加速を嫌気した売りに押される展開に。また、米メディアが中国への追加関税の発動時期に関する報道を行ったことも投資家心理を冷やし、下げ幅を広げ取引終了となりました。
 セクター別では、メディアやヘルスケア機器・サービスが上昇する一方で電気通信サービスや不動産が下落。ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTT<9432>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、キヤノン<7751>、京セラ<6971>、エーザイ<4523>など、対東証比較(1ドル110.17円換算)で全般冴えない展開でした。


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 米国市場概況 | 08:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT