FC2ブログ

日経225先物と釣り人

バランス投資顧問のリアルタイム日経先物情報

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

日経平均は弱気から中立になろうとしている。
狼狽売りをこなし先ずは23000円トライ。即ち我々が考えるスタートラインに日経平均は帰ろうとしているだけで恐れる必要はない。
また今回の日経平均は高値からら2180円幅の急落。
23000円まで回復したところで3分の1戻りの場面だ。
不思議なもので株価が回復してくるとマーケット関係者は押し目買いを告げ投資家に安心感を与えてしまう。
我々とは少し考え方は違うがこれは仕方がないし通る道だ。
結論を言うと。
とりあえず日経平均23000円を回復したら次は2分の1戻り(23350円)を試すための踊り場。
ただまた売り方からすると23000円を超えてくるとあたふたし始めて一気に買い戻し優勢となるのかもしれない。
さて、ともかく安倍政権続投によりこれまでの政策は維持だ。
その観点から
『働き方改革』により人材派遣業は今や稼ぎ時。
良い人材を確保し派遣する。
働く側も自分の商品価値を高める為にスキルをあげなくてはならない時代だ。
その両者の考えが一致しているのが○○××だ。
専門的な資格、研修などを手掛けながら優秀な人材を紹介する。
また最近では関西基盤の医療関連子会社が国民健康保険業務を受注。ある意味国家事業は安定的な収入源となりドル箱を掴んだとするならば時価は投資妙味大だ。



本日の先物レンジ
23000円付近を試しながら。
もみ合いで良いのでは。
22800~23060円


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 30億の便り | 09:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

予想通りの反発。
実に想定内の展開。
愉快なマーケットだ(笑)
いつものように皆が売りに慌てている中を買うロマン。
スピード違反の取締り。
そして『上手くタイミングが合ったな』とボスはいつもの事だと実に冷静であった。
さてここまで想定内。
皆様には我々は緊急警報から予定されていた残りの売却予定をここからは様子を見ながら売却する。
恐らく100%近く売却できる予定だ。
ただここ数日ボスからの指令により買い始めた分に関しては売却する予定はない。
急落場面で買い付けた分をここからどうするかだ。
買い増す相場になることが一番理想的であるが。
そこはまだマーケットを見ていかねばならない時間軸であろう。
そして日経平均だ。
時間軸からの23000円までの反発。今日到達するかどうかは別として何らここでの反発に違和感はない。
よって反発したからと焦る必要はない。本番は23000円に株価が戻った時にマーケットはどう動くかだ。
それよりもここは個別銘柄の人気が重要であり、日本は消費増税するのでありその増税分に対する対策で。
恐らく公共投資を始め、新しい分野の導入!それがキャッシュレス化にともなう環境作りを国策でやる。
しかし、消費増税の目的は日本国家の借金返済。
されどまだまだ暫くは超高齢化社会で増税分は社会福祉にあてることになる。
そうなるとここからまだまだ介護事業に伴う助けが国家的に必要だ。
その観点から今朝。
我が社の若手が介護関連から○○××が面白そうだと。全国展開に力をいれている同社介護サービスはここからテーマ的に大きく取り上げられてもおかしくない。



本日の先物レンジ
実に愉快な朝を迎えられるのでは。
23000円までは恐れずに対処せよ。
ただ勘違いするな23000円が目先の高値ではない。
スタートラインに立つだけだ。
22770~23050円


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

| 30億の便り | 09:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

不透明感からマーケットは方向感に欠いている。
週末、突然浮上したサウジリスクであるが我々にはこの問題のリスクは限定的と思われる。これによりソフトバンクG(東1:9984)は急落しているがここは少しずつ突っ込み買いではないだろうか。
さて日本は2度延期してきた消費増税であるが、消費増税すると株価は下がるのか?
データ的には増税したからと株価が下がる理由とはならない。
現状は波乱相場となっているが我々は周りの投資家の裏をいくタイプ!今回は早目に株価が高い位置である程度売却できたのでここは少しずつであるが買い始めた。
皆が恐怖の中を買うのは慣れたものだ。1度買い始めればコストを計算しながらある程度は買う。
これはいつものことである。
日経平均も目先23000円を回復するだろう時間軸を待ちながら買い進みその時また現実を見ながら対処する予定だ。
さて東京市場であるがある意味優良株のディスカウントセールかもしれない。ただ波乱相場だけにここは素直に『政策関連』のテーマ株を攻める時間軸であろう。
そうなると今回の消費増税に対しての国策を見ると明らかにキャッシュ関連銘柄が主軸。その観点からだと〇〇××が浮かび、日本でもかなり普及してきたようだがセルフレジ!そのうち完全スルー型のレジの到来も近いだろう。
その観点から今朝は○○××を紹介する。
昨年末にも1度550円で紹介しその後1000円超えとなった。業績は好調で最高益となりそうでスーパーではバロー、ライフ。その他最近はドラッグストアへも進出し引き続き好調のようだ。
国策テーマ株となりそうでまた同じような株価が期待できそうだ。


本日の先物レンジ
ゆっくり買い始めるのみ。
上がる時も早いだろうが(笑)
まぁ焦らずじっくりいこう。
22120~22690円


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

| 30億の便り | 09:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

先ず、こちら米国メディアからの中間選挙予想を聞いているとこのままだとネジレ国会ではないが『ネジレ』となりそうだ。
そうなるとどうなるか?であるが基本的に両党のぶつかり合い。しかしある意味トランプ氏の大統領権力だけはある程度維持されそうだ。
だからとマーケットは荒れるのか?
そのデータからだと。
ここで我々は注意警報を発令しその翌日に急落。
しかしここはボスの指令により周りが慌てて売却しているならば少し買い始めろと。
週末には我々の戦略会議が行われたが極端に焦らず冷静に。ただ気になったのがその席でボスの友人達はそろそろ弱含みに動いている半導体セクターにも目を向けゆっくり買い始めたらどうだろうかと。
この発言に何かあるのか?
理由は明らかだった。
十分売り込まれたと(笑)
日経平均は時間軸からとりあえず23000円までの反発を念頭に。
23000円になったらまたその現実を見て考えることにしよう。

そしてここからは個別銘柄が人気化する中。
先週末に我が社の若手からネクステージ(東1:3186)が面白いとお伝えしたがしっかり上昇。
また先日、お伝えしたネオス(東1:3627)は好決算を発表。

そこで次にどんな銘柄がと問うと。若手から○○××が面白いと日本株担当者から聞いたと。
同社はトヨタ、ホンダ向けのばね、リングなどを手掛けるが。それよりかHDD用サスペンションが能力あげデータセンター向けが想定超え。
為替も慎重な企業だっただけに増収増額が期待できると。



本日の先物レンジ
恐れる必要はないのかもしれない。
時間軸からは反発だろう。


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

| 30億の便り | 09:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

マーケット関係者からは金利上昇が株式市場に影響と。
コメントする人達が多いが。
我々はそうとは思わない。
米国経済はここ数年明らかに景気が回復してきた。またFRBもこの為に金融政策を実行してきた訳でその成果がようやく実を結び始めたと言って良いのではなかろうか。
そしてFRBだって民間企業と同じでありあれだけ助けてもらったんだからFRBだって回収の時間軸に入って当然。
即ち、本来の流れに経済は戻ろうとしているだけ。
しかし長く続いた低金利が当たり前だと思っているのだろう。
本当人間は面白ものだ。
一昔前を思い出してもらいたい。高金利だったではないか!日本だって同じだ。今は日銀による金融政策によって超低金利。長い超低金利が当たり前だと思っているのかもしれない。しかし、いずれ日本だって景気が緩やかでも回復にむかえば必ずまた金利は上がる。
それが先に米国で起きているだで本来のお金の流れである。
債券高、株高。即ち米国市場はその流れだった。

そこで我々は中間選挙を前に統計にはない世界。
世界で影響がある人物100人に選ばれている彼女!テイラースイフトがどのくらい影響あるかが分からないから我々はリスク管理をしたまでだ。また落ち着くのを待って買い直していくことになるだろう。

そして我が社の若手から〇〇〇××××が面白いと日本株担当者から聞いたと。この銘柄注目だ。

そして今朝は最後に。
我々は実は米株を少し買い始めた。
何故ならば周りが焦ったように投げ売っているからだ。
ボスが軽く買い始めたらどうだと(笑)
世界的に下げのスピード違反だななと。

| 30億の便り | 09:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

仕方がない朝をむかえた。
昨日皆様には注意警報を鳴らしたが。
我々も一昨日からボスの指令により売るべきものは売り始め昨日で売るものと決めていた78%を売却。しかし、昨日の下げが大過ぎて一部売れなかったものはあった。
ただ売り始めが多少早かったこともありある程度の売却は済んだ。
残りの20%強はゆっくり売ることとなった。
我々の緊急戦略会議において80%弱売れたことにより一部債券に資金は回すことになったが。
ボスからは買うタイミングを待とうと。
売るべきものが想定以上に売れたことが我々にはチャンスが来たなと笑っていた。

さて、東京市場も今朝は大荒れの相場が予想される。
昨日皆様には注意警報を鳴らしたことで多少なりとも身構えるマインドがあったのであれば幸いだ。
ただ前向きに考えたらディスカウトセールだ。
好業績銘柄や変化する企業を安く買えるチャンスだ。
本来ならば今朝も日本株で変化が起きそうな企業として〇〇××を紹介する予定だった。好採算品にシフトすることで企業内容に変化が起きそうだ。
今日みたいな安い日から買い始まることはチャンスだと思われる。


本日の先物レンジ
とりあえず落ち着くの待つことにしよう。


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

| 30億の便り | 09:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

先ず、我々は米国株に関してだが一部キャツシュの行動を取り始めることになった。

この行動は我々だけかもしれないがボスからの指示は絶対で万が一に備えることになった。
また下がるなり上がるならば買い直せば良い話。

そこで今朝は。
  注意警報!を発令。
皆様には、昨日と話が違うではないかと思うかもしれない。
しかし、突然であるが注意警報を発令したい。
その理由は昨日、米国メディアは音楽ファンの熱狂的な歓迎を受け日本にも多くのファンがいるアメリカの人気女性歌手、テイラー・スウィフトさん(28)がトランプ政権である共和党に反旗を挙げたからだ。
彼女の影響力が若者にどれだけあるか?それがどの位の影響があるかが未知数だからだ。
間もなく始まる中間選挙。
非難されたり肯定さりたりと目まぐるしいトランプ相場の展開。
しかしここまでトランプ相場は現実を見れば強かった!
されど万が一共和党に逆風が吹けば流れは冷めるかもしれない。
従ってどんな展開が待ち受けようともここは我々は確率と統計でデータがない戦いはリスク管理からキャツシュ。
ただ日本市場は分からない。
米国株は既に高い。日本市場はタイミングよく調整中だ。
しかし半導体関連銘柄がやや弱い所を見ると買い直すのも米国中間選挙が終わりその結果を見てからでも遅くはないのではなかろうか。



本日の先物レンジ
日本市場に関しては影響がどれだけ発生するか見極めたい。
ここは冷静にマーケットを見つめたい。
個別銘柄が賑わうだろう。


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

| 30億の便り | 09:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

日経平均は為替の援軍を横目に静かに調整中と言って良いだろう。
その背景に米長期金利の上昇がリスクとなっているようだが我々からすれば今の所金利上昇が何か悪いとは全く考えていない。
さて、週末に行われた我々の戦略会議であるが。
年齢、経験は無視し各々の考えをストレートにぶつけることにより意見が飛び交い私としては賑やかな会議となったのではと思っている。
我々はマーケットで戦う集団!負け戦は御免だ!しかし全てを勝つことは不可能であり如何に負けを早く認め、利益を伸ばし確実、着実に利益を積み上げることができるかが問題でそれを可能にする仕事のプロとして自覚を持って戦っている。
確かに、ここまで米国経済は色々な出来事があったが、それを乗り越えそしてNYダウは最高値更新となってきた。
当然、我々も長い歴史には失敗もあったがお陰様でこの流れに乗ることはできた。
そこで今後のマーケットを為替など様々な観点から分析した結果は明日以降またお伝えするが。
株式市場に関してはとりあえず戦略に変更ない。
米国、日本市場に関しては強気姿勢。これに関してもまた明日以降詳しくお話したい。


さて、今朝は日本市場において。
業界、業種で伸びているのは日本が得意としているアニメなどがスマホ、タブレットなど紙から変わる媒体事業だ。

その観点から...

~ 中文 会員ページ ~

本日の先物レンジ
もう少し調整なのかもしれない。
ただそろそろ騰落レシオなどは調整完了を示唆しはじめている。
安値寄りの戻りを試そうだ。

中国株の下落が多少気になるようだが我々としては。
これもある意味仕方がない理由があると思っている。
それはここで触れることは避ける。


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

| 30億の便り | 09:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

流石に日経平均も多少の調整がありそうだ。
ここでの下げは誤差の範疇ではなかろうか?
上げてる時に右往左往、下げ出しても右往左往では投資家としては・・・・・・
マーケットは上がり続けることもないし、下がり続けることもない。
ただリスク管理だけは個人の資金力で行わなければならない。そこだけは忘れてはならない。
さて今朝は最近絶好調だと伝えて来ている友人から。
〇〇××を買っておきたいと。国内も主力工場で増産、海外も生産拡大中企業でここから注目企業だ。
友人からは600円目標に考えていると。



本日の先物レンジ
多少の調整は普通。
週末に戦略会議があるのでそこでの戦略をまた休み明けに報告したい。


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

| 30億の便り | 09:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

先ずは日本市場にとっては更なる為替の援軍とお伝えしたい。
再三お伝えしているがここまでの為替については想定内の展開。対ドル115円付近まではトレンド通りに推移しているように思われる。
またこちら米国経済の裏付けが10年国債の3.16%。それよりも30年国債が3.31%と金利上昇株高と良い流れとなっている。
これにより強い米国経済が鮮明となるならば為替に関して我々も見直さないといけないのかもしれない。そしてずっとこの便りには年内日経平均の目標ライン24500円はしていてもおかしくないとお伝えしてきたが今週末にまた我々の戦略会議が開かれる予定だ。
その席で意見が飛び交い、戦略変更となるならばまた皆様にご報告させてもらうことになる。

個別材料株からは...

~以下会員ページ~


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

| 30億の便り | 09:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT