FC2ブログ

日経225先物と釣り人

バランス投資顧問のリアルタイム日経先物情報

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

前引け概況

■日経平均      22,270.90(-85.18)

■東証1部出来高    5.86億株

■東証1部売買代金   0.87兆円

■日経平均先物    22,260(-60)

■TOPIX        1,703.63(-7.32)

■騰落        上昇581/下落1,424

■マザーズ指数    966.62(-8.39)

■日経JQ       3,731.75(+7.66)

■ドル円       111.33

-----------------------------------------------------------
日経平均株価は反落しました。トルコリラ安が一服する中、前日の米国株が上昇。為替がドル高・円安に振れたことも日経平均は小幅高でスタートしましたが、前日の急騰を受けた反動売りもあり上値は重い重い動きとなっております。そのままマイナス圏で推移し前場取引を終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、鉄鋼、パルプ・紙でした。一方、値上がり上位は、海運業、陸運業、水産・農林業となりました。

 TOPIX、マザーズ指数は反落、ジャスダックは続伸しました。

■釣り人(原)
為替が安定していますが昨日の大幅上昇の反動安という形となっております。後場は一度押し目買いを入れます。
スポンサーサイト

| 前引け・大引け概況 | 11:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大引け概況

■日経平均      22,356.08(+498.65)

■東証1部出来高    12.06億株

■東証1部売買代金   2.05兆円

■日経平均先物    22,320(+430)

■TOPIX        1,710.95(+27.45)

■騰落        上昇1,795/下落264

■マザーズ指数    975.01(+12.53)

■日経JQ       3,724.09(+29.03)

■ドル円       110.85
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反発しました。前場はトルコリラの下落の一服を受け買いが優勢に。円高一服を支援材料に、日経平均の連日の下落に対する買い戻しが続く展開となりました。
 後場は買い物がちにスタート。値がさ株を中心に買いに弾みがつき先物買いを交えて一段高。その後も根強い買いが続き、前日の下げ幅を戻す大幅な上昇となりました。
 
 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、倉庫運輸関連、精密機器、情報・通信業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは反発しました。

■釣り人(原)
昨晩から会員ページでは、買いで入るということ、上昇するだろうとお伝えしていましたが、途中でおかしな売買を行い利益の幅は微々たるもので終わりました。
少しずつ挽回していくつもりです。会員さんには今晩連絡します。


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

| 前引け・大引け概況 | 15:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前引け概況

■日経平均      22,112.09(+254.66)

■東証1部出来高    5.81億株

■東証1部売買代金   0.88兆円

■日経平均先物    22,100(+210)

■TOPIX        1,696.55(+13.05)

■騰落        上昇1,581/下落443

■マザーズ指数    967.43(+4.95)

■日経JQ       3,713.82(+18.76)

■ドル円       110.78
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反発しました。トルコリラの下げ渋りを受け買いが先行。円高一服を支援材料に、日経平均の連日の下落に対する買い戻しが続き上げ幅を拡大。中国・アジア株はやや軟調であるものの、時間外取引の米株価指数先物の堅調推移などが支えとなり高値圏を維持し前場取引を終えました。
 
 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、倉庫運輸関連、精密機器、その他金融業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは反発しました。

■釣り人(原)
ちょっと後手を踏むもうひとつの状況が続いています。
動きが乱れていますので少しやりづらさを感じますが、後場も入ってみようと思います。


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

| 前引け・大引け概況 | 11:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大引け概況

■日経平均      21,857.43(-440.65)

■東証1部出来高    15.23億株

■東証1部売買代金   2.51兆円

■日経平均先物    21,890(-410)

■TOPIX        1,683.50(-36.66)

■騰落        上昇191/下落1,884

■マザーズ指数    963.99(-39.99)

■日経JQ       3,698.51(-46.76)

■ドル円       110.22
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続落しました。前場はトルコリラの急落を背景にリスク回避の売りが続く展開となりました。円高進行のほか、前週末の欧米株安に加え、中国・アジア株安など世界的な株安の流れを受け投資家心理が悪化し、下げ幅は一時350円超となりました。
 後場は売りが先行。トルコ中銀がトルコリラについて、「銀行が必要とするあらゆる流動性をすべて提供する」との声明を発表すると下げ幅を縮小する場面もみられましたが、売り圧力は強くそのまま本日の安値圏で推移し取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、機械、海運業、非鉄金属。一方、値上がりしたのは、サービス業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは続落しました。

■釣り人(原)
NYダウが200ドル近い下げ。それに対してCMEの終値はわずか100円安で終わっていました。
その理由の一つは金曜日に既に下がっていたからです。そのことを考慮して今日は下がっても300円程度との思いがありましたが、為替がじりじりと円高に進むにつれ400円を超える下げで終わってしましました。
リバウンドしようとする力は弱々しいものでしかありませんでした。

この二日間で日経平均先物は700円近い下落となりました。
先週の高値から見ますとほぼ1000円幅に近づいています。このままずるずる軟調になっていくのか。米国株の行方を気にしながら思いを伝えていきます。
お盆休みかと思いますがどうぞご覧ください。


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

| 前引け・大引け概況 | 15:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前引け概況

■日経平均      21,942.23(-355.85)

■東証1部出来高    7.35億株

■東証1部売買代金   1.13兆円

■日経平均先物    21,910(-390)

■TOPIX        1,690.63(-29.53)

■騰落        上昇200/下落1,855

■マザーズ指数    964.86(-39.12)

■日経JQ       3,705.98(-39.29)

■ドル円       110.24
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続落しました。トルコリラの急落を背景とした欧米株安を嫌気し売りが先行。円高進行も嫌気され、中国・アジア株の軟調推移が確認されると下げ幅を拡大。世界的な株安の流れを受けリスク回避の売りが続く展開となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、海運業、非鉄金属、機械。一方、値上がりしたのは、サービス業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは続落しました。

■釣り人(原)
日本経済は資源が乏しいので貿易によって成り立っている国であります。
その自由貿易にヒビが入るかもしれない...この不安定な思いが株価を押し下げています。日本の大手企業のほとんどが輸出関連企業でありますので警戒が強まっております。
まさかと思うことが時折起きるのが株式市場ですがこの問題は重大です。なんとしても軟着陸の成功を政府は目指さなければいけません。
日経平均は高値から1000円幅の調整となっております。トヨタ(東1:7203)に至っては10日間連続陰線となっております。
当然不安はありますが諦めることは出来ない問題であります。


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

| 前引け・大引け概況 | 11:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大引け概況

■日経平均      22,298.08(-300.31)

■東証1部出来高    15.07億株

■東証1部売買代金   2.61兆円

■日経平均先物    22,300(-300)

■TOPIX        1,720.16(-20.00)

■騰落        上昇491/下落1,541

■マザーズ指数    1,003.98(-24.42)

■日経JQ       3,745.27(-14.53)

■ドル円       111.00
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場はダウ平均の続落や円高進行を嫌気し売りが優勢となりました。4-6月期の国内総生産(GDP)は市場予想を上回る成長率となり、上海株がプラスに転じると下げ幅を縮小する場面もみられましたが、10日も継続協議となった日米の閣僚級貿易協議(FFR)の結果を見極めたいとの思惑もあり戻りは限定的となりました。
 後場は売りが先行。新規の買い材料に乏しいなか、円の強含みもありお盆休暇前にポジションを手仕舞う動きが広がり一段安。その後も先物売りを交えて下げ幅を広げ、本日の取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、海運業、不動産業。一方、値上がりしたのは、石油石炭製品のみとなりました。
 
 TOPIX、ジャスダックは続落、マザーズ指数は反落しました。

■釣り人(原)
鳴かず飛ばずの小動きが続いていた3週間ほどでしたが、本日大きな大陰線となりもしかしたら上にいくのではないかとの思いの売買は負けて終わりました。
気持ちを切り替え来週から向かっていきます。

本日より1ヵ月の購読料金が21,000円から15,000円に大幅変更となっております。カードでお申込みのお客様は次回ご継続時から15,000円となります。
先物取引に向かう個人投資家の方が増えてきました。親しみのある料金に変更致しました。
これからもよろしくお願い致します。


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

| 前引け・大引け概況 | 15:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前引け概況

■日経平均      22,494.33(-104.06)

■東証1部出来高    6.56億株

■東証1部売買代金   1.06兆円

■日経平均先物    22,450(-150)

■TOPIX        1,730.39(-9.77)

■騰落        上昇645/下落1,368

■マザーズ指数    1,011.15(-17.25)

■日経JQ       3,750.17(-9.63)

■ドル円       110.95
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前日の米国市場ではダウ平均が続落し投資家心理が悪化。寄り付き前に発表された4-6月期の国内総生産(GDP)は市場予想を上回る成長率となりましたが、円が強含むと売りに押され下げ幅を拡大しました。
 上海株がプラスに転じると下げ幅を縮小する場面もみられましたが戻りは限定され、日米の閣僚級貿易協議(FFR)は10日も継続協議となり様子見ムードが広がるなか、軟調な推移が継続しました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、不動産業、保険業でした。一方、値上がり上位は、石油石炭製品、水産・農林業、ゴム製品となりました。

 TOPIX、ジャスダックは続落、マザーズ指数は反落しました。

■釣り人(原)
安寄り後思ったより下振れ、値幅が出ています。
さて、後場からの日銀のETFの買い付けがあるのかどうか。あるとすればどんな反応になるのか。
その辺りを見ての売買となります。


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

| 前引け・大引け概況 | 11:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大引け概況

■日経平均      22,598.39(-45.92)

■東証1部出来高    13.10億株

■東証1部売買代金   2.18兆円

■日経平均先物    22,600(-30)

■TOPIX        1,740.16(-4.55)

■騰落        上昇849/下落1,157

■マザーズ指数    1,028.57(+0.96)

■日経JQ       3,760.94(-2.93)

■ドル円       110.95
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は前日の米株安や円高ドル安進行を嫌気し売りが優勢となりました。6月機械受注統計の下振れも売り材料となりましたが、上海株がプラスに転じると下げ幅を縮小。寄り付き値近辺に値を戻す展開となりました。
 後場は上海株の上昇の強まりを受け買いが先行。日米の閣僚級貿易協議(FFR)を控え様子見姿勢が強まるなか、わずかな値幅での推移となりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、建設業、非鉄金属でした。一方、値上がり上位は、化学、水産・農林業、空運業となりました。
 
 TOPIXは続落、マザーズ指数は続伸、ジャスダックは反落しました。
 
■釣り人(原)
本日は持ち越しを行ってみようと思います。
昨日想像していたところが高値となり上ヒゲ。本日も想像していたところが安値となり下ヒゲ。予想通りの動きになったとしても、短期売買の30~50円のロスカットでひっかかりが起きたりします。
22600円を挟んでの日柄も長いですから、ちょっとトレンドを見てみようということで持ち越してみます。
それでは明日よろしくお願い致します。


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

| 前引け・大引け概況 | 15:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前引け概況

■日経平均      22,584.18(-60.13)

■東証1部出来高    6.87億株

■東証1部売買代金   1.03兆円

■日経平均先物    22,560(-70)

■TOPIX        1,739.32(-5.39)

■騰落        上昇838/下落1,154

■マザーズ指数    1,028.42(+0.81)

■日経JQ       3,756.50(-7.37)

■ドル円       110.79
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前日の米国市場では米中貿易摩擦を巡る懸念を背景にダウ平均が反落。加えて寄り付き前に発表された6月機械受注統計が市場予想を大きく下回り、円高ドル安進行も嫌気され売りが先行しました。売り一巡後は、安値圏でのもみ合い、上海株が切り返すと下げ幅を縮小。そのままマイナス圏で推移し前場取引を終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、非鉄金属、石油石炭製品、建設業でした。一方、値上がり上位は、化学、空運業、水産・農林業となりました。
 
 TOPIXは続落、マザーズ指数は続伸、ジャスダックは反落しました。
 
■釣り人(原)
ドル円 110.74と円高に振れていますが、先物の値持ちは少ししっかりしております。
NYダウ夜間が-21ドルと安値から少し戻しております。上海も+1%を超えてきました。
それでは後場を見ていきます。


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

| 前引け・大引け概況 | 11:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大引け概況

■日経平均      22,644.31(-18.43)

■東証1部出来高    14.49億株

■東証1部売買代金   2.54兆円

■日経平均先物    22,630(±0)

■TOPIX        1,744.71(-1.34)

■騰落        上昇1,039/下落984

■マザーズ指数    1,027.61(+17.65)

■日経JQ       3,763.87(+17.00)

■ドル円       111.26
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は米国株の連日の上昇を好感し買いが優勢となりました。朝方こそ売り買い交錯となりましたが、好業績銘柄を中心に買いが続き上げ幅を拡大。上海株の下げが限定的と確認されたこともプラスとなりました。
 後場は市場予測を上回る結果となった7月中国貿易統計を受け買いが先行。その後、先物主導で下げ足を速め下げ転換。週末に控えたオプションSQの思惑的な売りとの見方もあるなか、戻りは限られ小幅安で取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、ゴム製品、食料品でした。一方、値上がり上位は、海運業、情報・通信業、パルプ・紙となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸、ジャスダックは反発しました。
 
■釣り人(原)
一日の動きは小さくなかったですが、ほとんど朝の寄り付きと変わらない終値となりました。
なかなか日足でのトレンドが読み取りづらい動きであります。こういう時もあります。
丹念に向かっていきます。


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

| 前引け・大引け概況 | 15:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT